高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「Hobo's Blues」

ポール・サイモンステファン・グラッペリも大好きで、もう30年以上聴いてるんですが、2人が共演した曲があるなんて知らなかったなぁ。。。

盲点でした。。。(笑)

 

その曲は、1972年にポール・サイモンがソロになって初めて発表した「ポール・サイモン」というアルバムに入っている「Hobo's Blues」という1分半弱の短い曲。

ポール・サイモン

 

早速、手に入れて聴いてみました。

 

なんと2人のデュオでインストゥルメンタル

凄くいい!

SIESTAでも演奏してみようかな?(笑)