高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「マーク・オコナー」

昨日のラグビーW杯決勝、素晴らしい試合でしたね。

南アフリカ、優勝おめでとうございます!

 

でも、W杯が終わってしまって、なんだか寂しいです。。。

 

日本代表も南アフリカに一度負けただけなので、ある意味2位かもしれませんね(笑)

 

 

それでは今日もグラッペリのネタを。。。(笑)

 

僕の愛聴盤に、ステファン・グラッペリデビッド・グリスマンが共演したライブ盤「Live」というのがあります。

Live

 

最高のCDです。

 

この中で、グラッペリと一緒に「TIGER RAG」を演奏しているのが、若き日のマーク・オコナーです。

マーク・オコーナーと言えば、今やアメリカ・フィドル界の第一人者という感がありますね。

 

昔、モントルー・ジャズ・フェスティバルに行って、レマン湖のほとりを散歩していた時、マーク・オコーナーとすれ違った事があります(笑)

190㎝ぐらいある大男で、バイオリンを持ってテンガロンハットをかぶっていたので、すぐに分かりました。

 

今日は「CAFE SIESTA」で、マーク・オコナーの「リバティ!」を聴きました。

リバティ!

 

素晴らしい内容です!

是非お聴きくださいませ。