高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセン」

今日から11月だというのに、昼間は暑かったですねぇ。。。

 

それでは、前回の続きです(笑)

 

僕の人生を変えたと言っても過言ではないCDは、ステファン・グラッペリの「ヤング・ジャンゴ」という作品でした。(当時はレコードでしたが)

ヤング・ジャンゴ

 

詳しい話は「高橋青年のステファン・グラッペリ物語 」としてまとめてあるので、是非一度お読み下さい。

すぐ読めます(笑)

 

 

僕はこのCDのステファン・グラッペリのバイオリンに凄まじい衝撃を受けたのですが、同様に、ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセンのベースにもかなりの衝撃を受けました。

 

そして、前述ケニー・ドリュー「ヨーロッパ3部作」などを聴くようになります。

 

 

その後、僕は、ステファン・グラッペリに一目会いたくてフランスに行くのですが、フランスで2度目に観たステファン・グラッペリのコンサートでは、ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセンがベースを演奏していました。

 

その時の模様は、その後CD化されています。

ライブ1992

ライブ1992

 

そしてなんと、コンサート終了後、楽屋にお邪魔して、夢にまで見たお二人にサインをいただく事ができたのです!

f:id:siestajun:20191028155158j:plain

 

右がステファン・グラッペリ、左がニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセン

嬉しかったなぁ。

 

 

その後も一度、サン・ジェルマンの小さなジャズ・クラブに、ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセンの演奏を聴きに行きました。

 

ウッド・ベースの概念を打ち破る、素晴らしい演奏です。

是非一度お聴きくださいませ。