高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「ステファン・グラッペリ」

今日1月26日は、我が心の師、ステファン・グラッペリの誕生日。

1908年生まれなので、もし生きてたら113歳ですね(笑)

 

という訳で今日は「CAFE SIESTA」で、「WE LOVE STEPHAN GRAPPELLI」を聴きました。

f:id:siestajun:20210126220322j:plain

 

素晴らしい!

 

これは、グラッペリが1995年に4度目の来日をした際、「サントリー・ホール」で行われたコンサートの様子を収録した物です。

 

当時、グラッペリ87歳。

 

実は私達、この会場に居ました(笑)

これは、コンサート終了後、楽屋にお邪魔した時の写真です。

f:id:siestajun:20210126195532j:plain

 

グラッペリはいつも花柄のシャツを着ているので、我々はこの時、花柄のシルクのシャツをプレゼントに持って行きました。

 

楽屋は関係者で混雑していたので、その場ではプレゼントを見てもらえなかったのですが、ホテルの部屋で包みを開けてすごく気に入ったグラッペリが、すぐに我々に電話をしてくれたようで、我々が自宅に戻ると、留守番電話にグラッペリからのメッセージが入っていました。

(当時はスマホも携帯電話もありません)

 

 

今の若い人は知らないと思いますが、当時の留守番電話には小さなカセット・テープが入っていて、メッセージはそのテープに録音されていました。

 

そのまま放っておくと、どんどん上書きされて消えてしまうので、僕はそのメッセージをDATという当時の最高級の録音機材に録音し直して、宝物として大切にしていました。

 

 

それから12年後、SIESTA結成15周年の記念CDを作る際、「イレ・コントン」という曲の中にそのメッセージを使わせてもらいました。

「イレ・コントン」はフランス語で「Il est content」。

「彼は気に入っている」という意味です(笑)

 

その曲、今ならSpotifyで聴けます!

open.spotify.com

 

最初にマネージャーのジョゼフさんが話していて、最後にグラッペリに電話を代わります。

貴重な肉声です。

是非一度お聴きくださいませ。

 

グラッペリとの想い出をまとめた「高橋青年のステファン・グラッペリ物語」はこちらです。

www2u.biglobe.ne.jp