高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「ジェラシー」

アメリカ出身のユダヤ系バイオリニスト、ユーディ・メニューインと、フランスのジャズ・バイオリニスト、ステファン・グラッペリが、イギリスのテレビ番組で初めて共演したのは1973年の事でした。

 

これは、その時の様子です。


Stephane Grappelli feat Yehudi Menuhin - Jalousie

 

テレビ・プロデューサーの言わば「無茶振り」で実現したこの共演は、クラシックとジャズの「夢の共演」として、当時、大変話題になり、この「ジェラシー」の入ったレコードは世界的に大ヒットしたそうです。

 

当時、メニューイン57歳、グラッペリ65歳でした。

 

 

その後も、2人の大巨匠の交流は続き、10年間で計6枚のレコードが制作されました。

 

最初、ポピュラー音楽に慣れず、少しぎこちなかったメニューインも、セッションを重ねるうちにどんどん進化して、やがて、なんとも不思議で心地良い、大変素晴らしい音楽になっていきました。

 

そんな2人の軌跡を網羅できるのが、このCD。

Icon: Menuhin & Grappelli

Icon : Menuhin & Grappelli

 

なんと、上記の6枚のレコードが全て入った4枚組で、全86曲。

トータルで5時間を超える、聴きごたえ抜群の完全版です!

 

この値段でこの内容は、かなりお得だと思います。

是非、お聴きくださいませ。

 

おっ、Spotifyにもありました(笑)

open.spotify.com