高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「ショーロクラブ」

今日は「CAFE SIESTA」で、ショーロクラブの「Música Bonita」を聴きました。

f:id:siestajun:20200815204336j:plain

 

このCDは凄いなぁ。。。

枯山水」みたいなCDだ。

長い年月をかけてムダな物をどんどん削ぎ落として到達した「極致」のような音楽。

 

CDを作る時、どうしても「奇をてらった」事をしたくなると思うのですが、そういうものが一切無い。

言い換えれば、「恐ろしく地味」。

 

でも、なかなかこんな事はできないですね。

ジャケットもオッサンが3人写ってるだけだし(笑)

 

 

このCDは全曲オリジナル曲ですが、ショーロクラブは元々、ブラジルの「ショーロ」を演奏するグループ。

1989年の結成なので、今年で結成31年。

 

3年前の作品ということは、当時、結成28年。

今のSIESTAと同じですね。

我々もいつか、こんなCDが作れたらと思います。

 

 

素晴らしい作品なのに、あまり流通してないのが残念です。

Spotifyにもありませんでした。。。

 

もっとたくさんの人に聴いてもらいたい作品です。

CAFE SIESTA」でヘビーローテーションしてみようかな。

誰も起きてられないか。。。(笑)