高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「エディット・ピアフ」

今年も残すところ、あと2週となりました。

さすがに師走だけあって、色々とバタバタしておりますが、ここ「CAFE SIESTA」では、とても静かな時間が流れています(笑)

 

ところで、今日12月19日は、エディット・ピアフの誕生日だそうです。

1915年生まれなので、104年前ですね。

 

というわけで、今日はフランスのアコーディオニスト、マルセル・アゾーラの「L'accordeoniste」を聴きました。

L'accordeoniste

 

エディット・ピアフ没後30周年の企画で制作されたアルバムで、ピアフゆかりの曲がたくさん演奏されています。

ステファン・グラッペリも5曲参加。

 

僕の愛聴盤です。

是非お聴きくださいませ。

 

ちなみに、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」という映画も素晴らしかったですよ。

エディット・ピアフ~愛の讃歌~(字幕版)