高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「重低音」

3連休が2週続いた最後の夜。

さすがに静かですね。。。(笑)

 

CAFE SIESTA」で、池松宏さんの「5つのアヴェマリア」を聴きました。

5つのアヴェマリア

 

このCD、コントラバスを弓で弾いて、チェロのようにメロディーを奏でる音楽なのですが、最初に聴いた時はかなりの衝撃でした。

 

想像以上に音が「低い」(笑)

 

例えば、シューベルトの「アヴェマリア」は、チェロなら通常2コーラス目から1オクターブ上がる所が、なんと1オクターブ下がります。

 

「そんな低い音が出るのか!」という感じです(笑)

おそらく、音量も相当大きいんでしょうね。

 

でも聴いててすごく気持ちいいんですよ。

 

コントラバスを多重録音した曲なんかもあって、重低音の魅力をかなり楽しめます。

秋の夜長に、是非一度聴いてみてください。

かなりお薦めです。