高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「パスカルズ」

一度も見た事はないのですが、TBSの「凪のお暇」というテレビドラマの音楽をパスカルズが担当しているそうです。

dot.asahi.com

 

このパスカルズシエスタが東京で活動を始めたのとほぼ同じ時期に結成され、「バイオリンとアコーディオンが入ったパスカル・コムラードの音楽を演奏するバンド」としてよく噂を聞きました。

とは言っても、お会いした事も無いし、ちゃんと聴いた事すら無いのですが。。。

 

 

随分前(1993年)に、あかねが、パスカル・コムラードが音楽を担当した演劇に出演した事があって、それ以来、彼の音楽が大好きになり、随分影響を受けました。

f:id:siestajun:20140802192904j:plain

三文オペラ自由劇場

 

2007年に発表したシエスタ2ndCDには「コム・パスカル」というオリジナル曲があって、この「パスカル」はパスカル・コムラードの事です。

 

コムはフランス語でCOMME。

「〜のような」という意味です。

 

 

今日は「CAFE SIESTA」で、パスカル・コムラードの「Raggazin'the Blues」を聴きました。

Raggazin'the Blues

素晴らしい!

 

今度、パスカルズのライブにも行ってみよう!