高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「ステファン・グラッペリ」

今日は、僕の心の師、ステファン・グラッペリの「煙が目にしみる」を聴きました。


うーん、いつ聴いても素晴らしい!


僕は若い頃、グラッペリに憧れて、なんとか一目お会いしたいと思い、バイオリンを抱え単身フランスに渡りました。

その後、色々あって、スペインのバルセロナであかねと出会い、1992年にパリでシエスタを結成します。


幸運な事に何度かグラッペリさんにもお会いでき、その後、約一年半振りに帰国するのですが、帰って来たのがちょうど今頃の季節でした。

26年前の事です。


詳しい話は、「高橋青年のステファン・グラッペリ物語」としてまとめてあるので、是非一度ご覧くださいませ。

多少デフォルメされてますが、全て実話です(笑)。