高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「ジョー・プリヴァ」

今日は久々にアコーディオンを聴きました。

ちょっと秋っぽくなってくると、ようやく聴く気になります(笑)。


今日聴いたのは、ジョー・プリヴァの「Night & Day Rue De Lappe」。


この人、この長いもみあげの感じや雰囲気が、まさにパリの街角に居るアコーディオニストのおっちゃんぽくて、かなり好きです。

音色も洗練されてるというよりは、もっと泥臭くてマヌーシュ(ジプシー)っぽい感じ。

それがまたいい。


ジョー・プリヴァで一番お薦めなのは、こちらのCD。

こちらも是非一度お聴き下さい。

Manouche Partie


20年ぐらい前に、「Paris Musette」のコンサートで来日された時に一度、Bunkamuraで聴きました。

オーチャードだったかシアターコクーンだったかは忘れたけど、もっと小さな場所で聴きたかったなぁ。。。(笑)