高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「Midnight in Paris」

先日「ミッドナイト・イン・パリ」というウッディ・アレンの映画を観ました。

パリを舞台にしたファンタジー

面白かった!


小説家志望のアメリカ人が、1920年代のパリへタイムスリップしてしまい、フィッツジェラルドヘミングウェイに出会います。

ピカソやダリも出てきます。

コール・ポーターやジョセフィン・ベイカーも(笑)。


主人公が憧れる1920年代のパリの人々は、ベル・エポックの頃(1900年頃)のパリに憧れていて、今度はベル・エポックにタイムスリップしてみると、その時代の人達はルネッサンスの頃に憧れている。。。。


いつの時代も「昔は良かった」と思うのでしょうか。

そういう自分も、最近、昭和は良かったと感じております(笑)。


劇中の音楽もすごく良くて、すぐにサントラを購入。

とてもいい感じですが、さすがにフレンチカンカンの音楽は「CAFE SIESTA」に合わないので、一曲カットして聴いてます(笑)。

Midnight in Paris