高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「Hot & Cool」

いやぁ、毎日暑いですねぇ。

連日普通に35度とかなってますもんねぇ。

僕が子供の頃(昭和40年代)は、夏でも30度の日が数日あるぐらいじゃなかったのかなぁ?


こう暑いと、あんまり音楽聴く感じにならないのですが、「CAFE SIESTA」は店なので(笑)、今日も頑張って聴いています。


楽器をHot系とCool系に分けるとすると、バイオリンもアコーディオンも間違いなくHot系だと思います。

なんか音が暑苦しい(笑)。

夏はあんまり聴く気になりません。


やっぱりピアノやギターの、音が減衰していくCool系の音色がいいなぁ。


という事で、今日はソロ・ピアノ。

しかも、なるべく涼し気なやつ。


まずは、ジョージ・ウィンストンの「Summer」。


これは、ジョージ・ウィンストンの中でも、一番涼し気なCDだと思います。

「Summer」と言っても、彼のイメージしている夏は、育ったモンタナ州の夏で、北海道みたいに爽やかなんだろうなぁ。


続けて、ヘニング・シュミートの「Spazieren」。


こちらはドイツ人。このCDも涼し気でいい。

ちなみにタイトルは「散歩」という意味だそうです。