高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「エチオ・ジャズ」

数年前、夜中にテレビで「ブロークンフラワーズ」という映画を観ていた時、冒頭で今までに聴いた事が無い面白い音楽が流れて来て、度肝を抜かれました。

あまりの衝撃に、映画の内容はほとんど覚えてません(笑)。


すぐにネットで調べてみると、エチオピアのジャズで「エチオ・ジャズ」という音楽だそうです。

確かにジャズっぽいのですが、音階がいわゆる和音階というやつで、どこか日本の演歌っぽい感じがします。

最初は日本人が演奏してるのかと思いました。


うーん、なんと表現したらいいのかなぁ。。。

屋台のラーメン屋のおっさんが、チャルメラでジャズっぽいバンドやってる感じとか。。。(笑)


とにかく、変で面白いんです。

でも、すごくカッコいい。


人類発祥の地と言われる遠いエチオピアの音楽が、すごく日本ぽいなんて本当に不思議です。


夏になると聴きたくなるので、先日、一枚買ってみました。

どれを買ったらいいのかよく分からなくて、最初「ブロークンフラワーズ」のサントラにしようかと思ったのですが、やっぱりもっとどっぷり聴いてみたいと思って、映画で使われてる曲が入ったエチオ・ジャズのCDにしました。


エチオ・ジャズ&インストゥルメンタル・ミュージック」というやつ。


すごくいい感じです。

でも、最後の2曲は要らないかな。

CAFE SIESTA」では、最後の2曲をカットして聴いています。