高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「古本屋台」


先日、久し振りに、高円寺に行きました。


高円寺「庚申文化会館」で行われた漫画「古本屋台」のトークショーで、著者のQ.B.B.久住昌之久住卓也)のお二人と、トークショーの終わりで少し一緒に演奏しました。

この「古本屋台」、店主が屋台で古本を売っていて、頼めば一杯だけ焼酎が飲めるという設定で、とても面白いです。


トークショーを企画されていたのが、高円寺にある「コクテイル書房」という古本屋でお酒が飲めるという店で、開店20周年記念のイベントでした。

こんな冗談みたいな店があるなんて。さすがに高円寺。奥深い。


トークショー後、場所を「コクテイル書房」に移して行われた懇親会でも、少しお祝いの演奏をさせていただきました。

コクテイル書房」さん、20周年おめでとうございました!


古本じゃないけど、先日ブックオフで、SIESTAの幻の1stCDを発見しました。(1996年作。現在は廃盤)

280円。しかも「外国人アーティスト」の棚で。。。

思わず、連れて帰りました(笑)。


このCD、前述の久住昌之さんにも2曲ギター弾いていただいてます。

かなり貴重かも。


その時、一緒に購入したのが、このCD。

カフェ・モリコーネ


エンニオ・モリコーネの曲を集めたコンピレーションCD。


エンニオ・モリコーネと言えばイタリア映画音楽の大巨匠ですが、タイトルから推測するに、カフェのBGMにいい感じの曲を集めた物と思われます。

こういうコンピレーションCDは、選曲する人とのセンスが合うかどうかが勝負。

ジャケ買いでしたが、すごく僕好みでした。お薦めです。