高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「ミッシェル」

6月のフランス・ツアーの最初の夜、泊めてもらっていたリュクサンブール公園近くの友人のアパルトマンから、近所のスーパーにワインを買いに出た時、どこからか微かにアコーディオンの音色が聞こえて来ました。
音の聞こえる方に行ってみると、すぐそばの交差点に素敵なカフェがあり、中でマヌーシュ・ジャズのライブをやっていました。


その真ん中で、大きな男性が、ボタン式のアコーディオンを弾いていました。

中に入って数曲聴くと、すぐにライブは終了してしまったので、話し掛けてみると、その男性はミッシェルという名前で、普段は病院で働いており、週末になるとこうしてカフェなどで演奏しているとの事でした。

あかねもアコーディオンを弾くと言うと、聴いてみたいと言うので、翌々日に友人宅で行うサロン・コンサートに誘ってみました。


コンサート当日、ミッシェルは大きなアコーディオンを抱えてやって来ました。

最初は、シエスタが演奏。

お客さんは15人ぐらい。もちろん全員フランス人。(一人イタリア出身の人が居ました)

以前、路上で演奏した事はあったのですが、コンサート形式で演奏するのは今回が初めて。

フランス語のMCを交えながら、必死で演奏しました。


演奏はかなりウケていたと思います。

が、それより驚いたのは、僕のフランス語のMCでみんなが笑っていた事。

フランスでも十分やって行けると確信しました(笑)。


10曲程演奏して、休憩。

おいしい料理とワインで会場が盛り上がってきた頃、遂にミッシェルが登場!

味わい深い演奏で、雰囲気を盛り上げます。


最後は、友人のバイオリニスト、フレデリックも加わって、みんなでセッション・タイムに。

超盛り上がりました!

盛り上がりすぎて、こんな人も(笑)。


偶然知り合ったパリのアコーディオン弾き、ミッシェル。とてもいい奴でした。

そして、なぜかこのCDをくれました。(どうやら、彼のお気に入りみたいです)

ダニエル・ミルのCDは数枚持ってますが、これが一番好きかも。

とてもアンニュイでロマンティックな内容です。

ミッシェル、体はでかいけど、かなりのロマンチストのようです(笑)。