高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「大福家」

一昨年亡くなった愛犬ジュリーがまだ小さかった頃、ジュリーを連れて、よく那須高原のあかねの親戚の別荘に行っていました。(今はもうありませんが)

その時、那須高原から福島県白河市まで、ドライブに行った事がありました。


小峰城を見学し、駅前の蕎麦屋で食事をして帰ろうとしたら、蕎麦屋のお母さんが、車の中で待っていたジュリーを見つけて、店の中から飛んで出て来られました。

犬がかなりお好きなようでした。


最近、ジュリーの写真を整理していたら、その時の写真が出て来ました。

蕎麦屋のお母さん、お元気かなぁ? でも、さすがに15〜6年前の事だしなぁ。今度機会があったら行ってみよう。」と思っていたら、先週末、那須高原でコンサートをする事になったので、久し振りに訪ねてみました。


おそるおそる店の扉を開けて中に入ってみると、カウンターの向こうに、元気に働いておられるお母さんの姿がありました。

良かったー!


帰りがけに、写真を見せて話し掛けてみると、覚えていて下さって、とても喜んで下さいました。

ジュリーは色々な人の記憶の中で生きているんだと思うと、すごく嬉しくなりました。


お母さん、77歳だそうです。

いつまでも、お元気で!

また蕎麦食べに伺います。


CAFE SIESTA」で、映画「タンゴ・レッスン」のサントラを聴く。

タンゴ・レッスン

映画は観てませんが、サントラは素晴らしいです(笑)。