高橋じゅんの今日聴いたCD

バイオリンとアコーディオンのデュオ「SIESTA」がプロデュースする「CAFE SIESTA」では、こんな音楽が流れています。

「のまおい夢気球プロジェクト」

先週末、「第1回のまおい夢気球プロジェクト」に参加するために、福島県南相馬市に行って来ました。


被災した子供達に笑顔を届けたいという地元商店街の方の発案で始まったプロジェクトで、約千年続く「相馬野馬追祭り」の会場である「雲雀ヶ原祭場地」で熱気球を飛ばし、その周りで子供達と一緒に大きなパネルに花の絵を描いたり、花のオブジェを作ったりするという内容のものでした。
もちろん、気球にも乗れます。
シエスタは、その雰囲気の盛り上げ役で、他に、俳優の役所広司さんがいらっしゃってました。


空き時間に、津波で被害があった場所も見に行ったのですが、津波の規模としては石巻の方が断然大きく、被害も甚大なように感じました。
やはり、深刻なのは放射能の方で、津波とは根本的に問題の本質が違います。
石巻の人々が復興に向けて頑張っていらっしゃるような前向きなモチベーションを、南相馬で保つのは凄く難しい事なのだろうと思いました。


帰りの道中、住民全員に避難指示が出ている飯館村を通りました。
パッと見は被災した感じが全く無いのですが、人が全然居なくて、静寂がとても不気味でした。


福島の問題は、本当に難しい。。。


CAFE SIESTA」で、アルゼンチンの男性シンガー、カルロス・アギーレの「Carlos Aguirre Grupo」を聴く。

Carlos Aguirre Grupo(Crema)